パソコントラブル

パソコン故障への備えへの工夫について

通常、ハードディスクには重要なデータを格納している場合が一般的であり、読み出せなくなることで困るケースがある。 パソコンが故障し、パソコンの中のデータを取り出すには、個人で復旧させることが難しいケースもある。そのような場合には、修理業者や専門の業者に依頼し、データを復旧させなければならない。しかし、データ復旧の業者利用では、データ取り出しに数万円程度かかることがあり、費用負担が大きくなる。 そのような状況に備えるための工夫として、外付けhddの利用がある。パソコン内部の重要なデータを、外付けhddにバックアップしておくことで、いざというときに役立てることができる。

外付けhddの利用のトレンドについて

外付けhddは、大切なデータをバックアップする際に役立つが、最近では外付けhddのトレンドとしていくつかのことがある。 まずは、ディスク容量の大容量化と低価格かがある。数年前や十数年前では小さな容量でも、値段が高くなっていた。しかし、最近ではディスク容量の大容量化が進み、価格も大幅に下落しているということがある。 そのため、近年では高画質のテレビ録画に外付けhddを利用した製品が増えている。以前ではビデオテープやDVDなどの記録メディアに録画する事が一般的であったが、これらに比べても非常に大きな容量のディスクとなっている。そのため、高画質な映像を長時間録画できる。 また、安価な上、繰り返し読み書きできる点や画質が劣化しないこともあり、録画用の記憶媒体としても普及している。