データの確認

修理業者に連絡する前に確認する

パソコンにインストールしたドライバのせいで、データが認識されていない可能性があります。 外付けhddの不良を疑う前に、システム側の確認を行うべきです。認識できない原因がパソコン側である場合、外付けhddを修理に送っても無駄になります。修理費用が取られるとは限りませんが、故障品の送付と返品だけでも多くの時間を消費してしまうのです。 認識できない外付けhddであっても、ユーザーが確認できる事はあります。簡単な検証を行うだけで、問題が解決に導けるケースもあるのです。故障品と決め付けて修理業者に頼るのは、手に負えないと判断できるまで保留するべきです。

故障したhddのデータ復旧を試みる

外付けhdd側の不良と判断できた時、故障品を梱包して送る準備をする事になります。しかし認識できない事がケーブルの接触不良ではなく、外付けhddの本体が故障していると覚悟をしなければなりません。覚悟とは保存していたデータを失う事です。 修理業者の対応は故障品の修理ではなく新品への交換です。ケーブルであれば接続に使っているものを、新品に取り替えるだけで修理は完了します。しかし本体であれば新品の交換を勧められるので、データは諦めなければなりません。 しかし最近では故障した記憶媒体から、データをサルベージできるサービスがあります。記憶媒体の状態が大きく影響するので成功は保証されていませんが、大切なデータなら確認してもらう価値があるサービスです。